地球にやさしい溶剤回収

かつて高度成長期には、工場からの排水等が原因で様々な公害病を引き起こしたりしました。それを教訓に現在では、法律が整備され、工場排水についても、廃棄処分するようになっています。ただ、廃棄処分する工場排水の中にもリサイクルが可能な物質が存在しており、その成分を取り出すのが溶剤回収であります。この溶剤回収により、必要な資源を安価で手に入れることができ、また、廃棄処分の費用の削減できるといった一石二鳥の効果があります。仕組みとしては、リサイクルをする溶剤の沸点に合わせて過熱を行い、気化をさせ取り出し、再度冷却するという方法をとるものが多いです。リサイクル可能な溶剤としては、トルエン等の炭化水素系溶剤、メタノール・エタノール等のアルコール系溶剤、アセトン等のケトン系溶剤、酢酸エチル等のエステル系溶剤が挙げられます。

溶剤回収とはなんですか?

溶剤回収とはその文字のごとき溶剤を回収することです。その溶剤とは有機溶剤のことでこれは液体である溶剤のなかに含まれる有機化合物の含有率が5%を超えるのが対象となります。それらはたくさんの工場やオフィスなどで溶かされた液体の状態で塗装材料や印刷のインクなどの形で使われてます。そのような有機溶剤というのは有機化合物が含まれてるからそう呼ばれますが、このような液体のなかには揮発性が高いのもありまして、それらは途中で気体となって蒸発したりします。そしてその過程でその液体を使用して作業をしてる人達の口から気体を吸い込んだり皮膚にわずかについたりなどして中に含まれている有害な物質を吸収してしまう危険性があります。そのため安全対策を向上させるためにそれを回収する必要性が高まります。そしてそれをいろんな方法で回収することで汚染物質の除去を推進させて安全で汚染されない土壌や空気をよみがえらせるようにさせるのが回収の目的となります。この回収の1つの方法は専用の装置を使用して自動的に除去するやり方です。その装置例は装置を稼働させることで空気中の汚染物質を活性炭に吸着させて除去をし、装置の内部からは汚染されていない空気を吐きだすことで回収しようというやり方が使われていたりします。

溶剤回収の大きなメリット

溶剤回収とは、工場などで排出される使用済みの廃液溶剤を、蒸留することで不純物を取り除き、リサイクルが可能な溶剤成分を回収することです。溶剤を繰り返し使用できるので製造コストや、廃液処理費用の削減にもつながります。廃液処理には運搬費などの費用がかかり、有害物質が発生したりと環境面でも問題があります。また、廃液を業者に渡すまで保管しておくと、火災や悪臭の心配もしなければなりません。工場から排出された揮発性の有機溶剤は、環境破壊や大気汚染、地球温暖化の原因と言われています。溶剤回収は、限りある地球の資源を循環させていくことで、環境保全につながるという大きなメリットがあります。環境負荷を抑え、環境改善への取り組みを実施しているエコビジネスは、企業イメージが向上するばかりか、自社の利益にも繋がります。